研修と管理

男の人

企業では、社員に対し様々な内容の教育を研修として行っている。これらの研修については、どの社員がどの研修を受けたかなどを管理して行く必要がある。社員ごとにどの研修を受けたかを管理していくことで、研修を重複して受けさせることを防いだり、効率よく学習させていくことができる。これらの社員の研修受講状況などを管理するシステムとしてあるのが、学習管理システムである。学習管理システムでは、社員ごとにどの研修を受講し、どの研修が未受講などかなどを管理できる。最近では多くの企業でeラーニングを活用し、様々な教育が行われている。このeラーニングでは数多くの講座を受講させることができるが、その受けた講座の管理が必要になる。そのような際には、学習管理システムを活用することで簡単に管理することができる。eラーニングのサービスでは、学習管理システムと連動している場合が多く、学習管理システムと合わせて提供されていることが多い。学習管理システムでは、社員情報と講座情報を登録することで、社員と講座ごとに管理できる。また、どの講座の受講率が高いかや、講座の評判なども管理していくことができ、効果的な講座を把握していくなど分析にも活用できる。学習管理システムでは、WEBサービスとして業者提供されているものが多く、その利用方法も簡単に行えるようになっている。導入費用も、月額費用や社員数に応じての必要などで利用できるサービスが通常である。