レジをデータで管理

レディ

POSシステムで作業を簡略化しよう

コンビニやスーパーなどでは、毎日のようにレジでロール紙やキャシャーが使われています。POSシステムは最近多くのコンビニで導入されているシステムの一つです。「POSシステム」は商品を販売する際に、レジを使って商品の情報を収集、そして管理する仕組みです。営業実績や在庫管理、需要や売り上げのデータを比較したり、各店舗の商品状態をネットワークを介して分析できるため、マーケティング材料の収集が出来ます。素早く会計させるためには、商品情報を正確に入力する必要がります。「POSシステム」を利用すれば、店員はバーコードを読み取るだけで商品のデータを入力、管理が出来、またレジにボタンをたくさん用意しなくても済むので、操作が難しくなりません。さらに「POSシステム」はネットワークを介して価格管理ができるので、店員は値札をいちいち張り替える必要がなく、作業がはかどります。商品データはネットワークから勝手にロードされていくので、手間もかかりません。「POSシステム」は最近注目されています。

客に会計をさせることもできる

コンピュータやタブレット端末をレジとして扱い、データをクラウド上で管理する事が出来ることも「POSシステム」の長所です。従来のレジと比べて機器費用が安く、さらに情報管理会社と連携することで、業務効率の向上、人件費削減、レジの設置作業を簡略化できます。また、最近は「POSシステム」を利用してレジの入力が簡単にできるので、客自身に会計をさせる機器が登場してきており、客のレジ待ちが無くなり、店員の負担軽減に役立っています。ハードウェア(レジ)とソフトウェア(データ)を別々で扱えるため、万が一レジが故障した場合でも、データがクラウド上で保存されているので、代替えのレジを配置するだけで済み、さらにいいことに、新店舗を開店させるときも、データを共有させることでサーバを新たに用意する必要がありません。