職場の改善に役立つ調査

従業員

従業員目線で会社を診断

企業においては、業績向上のためには優秀な人材を確保・育成し、その能力を十分に発揮してもらうことが何よりも重要です。しかし、従業員が意欲をもって職務に専念するには、それにふさわしい体制が求められます。そのため、経営者は自社が従業員にとって活躍しやすい環境を構築できているかどうかを把握する必要があります。これを達成する手段が、従業員満足度調査です。従業員満足度調査では、経営方針・仕事の内容・人事制度・給与水準・福利厚生・職場での人間関係といったさまざまな項目についてアンケートを実施し、所属企業に対する満足度を調査します。従業員満足度調査の手法はさまざまですが、一般的にはそれぞれの設問に対して5段階程度で評価を行い、結果を集計・分析するというものです。満足度の低い項目についてはその原因をさらに調査し、改善策を検討・実施します。これにより、従業員のさらなるモチベーション向上を図ることが可能になります。また、職場が抱えている問題をあぶり出し、メンタルヘルス対策やハラスメント対策に生かすこともできます。従業員満足度調査は以前はアンケート用紙を配布して回答を要請し、回収後は手作業で集計するというやり方が一般的でした。しかし最近では、調査会社に依頼して専用ページを立ち上げ、ウェブ経由で回答を求める方法が主流になっています。その場合はまず従業員に個別のIDを付与し、指定したページから回答内容を入力・送信してもらい、個人を特定しない形で集計するという方法をとります。専門会社であれば調査項目の設定から結果の分析、コンサルティングまでを一貫して行ってくれます。